11月15日(金)19時00分放送の爆報!THE フライデーに、
「ソウルこれっきりですか」で、デビューを果たした
アパッチのアコさんが出演されました。

 

今回は、アパッチと、アパッチの元リーダーの
アコさんに迫ってみたいと思います。

元3人組のアイドルグループ「アパッチ」とは?

 

デビューのきっかけ

1976年「ソウルこれっきりですか」を歌うため、
現、日テレ学院タレントコースの生徒の中から
オーディションを行い アイドル・グループ「アパッチ」が結成されました。

正式な、デビュー作は、「恋のブロックサイン」

この歌は、木之内みどりさん主演の
映画「野球狂の詩」の主題歌にもなりました。

その後、5年の契約満了を機に、
1981年に解散しました。

 

◆メンバー
【リーダー】 アコ(阿部美和子)
生年月日:1958年10月1日(55歳)
出身地:宮城県出身

ミッチー(太田美知子)
生年月日:1958年3月3日(55歳)
出身地:東京都出身

ヤッチン(矢沢泰代)
生年月日:1961年12月31日(51歳)
出身地:東京都出身

元リーダーのアコ(阿部美和子)さんの過去と現在

アコさんは、アパッチとしてデビューする前は、
都内のそば屋でアルバイトし、住まいは、
風呂なしでトイレ共同6畳のアパートだったそうです。

アパッチ時代は、『8時だョ!全員集合』
『シャボン玉こんにちは』『家族そろって歌合戦』
など
多数のTV番組に出演、活躍されました。

アパッチ解散後は、東京ガスのサラリーマンであった
ご主人と恋愛結婚されました。

しかし、旦那さんは、13年前に他界。
その後は、義理のご両親と同居しながら、
2人の息子さんを育てたそうです。

そんな、息子さん2人も、もう立派なサラリーマンとのこと。

アコさん自身は、2012年時点では、外食チェーン店で 週5日、
パートで働き、週3日、知人のスナックで働いている
そうです。

2012年、プロマイドを発表された際の、インタビューでは、

「芸能界に復帰して、着物やアクセサリーといった
中高年をターゲットにした 商品のモデルやイベントのお仕事ができたらな」
と語っています。
[引用元:日刊ゲンダイ

 


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです