週刊文春の取材で、NHKの赤木野々花アナウンサー(30)が結婚を決めたことがわかりました。
赤木野々花アナの結婚相手は誰なのか調査してみました。




赤木野々花アナの結婚相手・ディレクターAは誰?

 

週刊文春によると、赤木野々花アナの結婚相手の詳細は以下のように述べられています。

 

・身長180cmくらい
・赤木野々花アナの2歳年上
・俳優の林遣都似のイケメン
・現在は自身の制作会社を立ち上げている
・NHKの紀行番組でディレクター


赤木野々花アナの結婚相手の名前は公開されていませんが、文春ではお相手の雰囲気がわかる写真が公開されています。

写真をみると確かにかなり身長が高めの男性。

赤木野々花アナの2歳年上ということですので、年齢は32歳くらいでしょうか。

写真をご覧になりたい方は、以下より文春の写真をご覧ください。
文春オンライン→

ad by google

出会いと馴れ初めは「日本人のおなまえっ!」

当時、Aさんは外部の制作会社に所属しており、「日本人のおなまえっ!」のディレクターを担当したことで、赤木アナと出会い関係が深まったそうです。

ちなみに、現在、NHKの、「日本人のおなまえっ!」の制作を担当している会社は、mk5という会社です。

とはいえ、例えこの会社に勤務した経験があるとしても既に退社されています。

現在、Aさんは自分で制作会社を立ち上げ、NHKの紀行番組でディレクターをされているとのこと。
NHKの紀行番組はかなりの数ありますので、Aさんがどの番組を担当されているのか特定するのは難しいでしょう。

赤木野々花(あかき ののか)アナの経歴

赤木野々花(あかき ののか)
生年月日:1990年8月8日
出身:岡山県岡山市

岡山市立京山中学校、岡山県立岡山城東高等学校、慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、2013年にNHKに入局。

岡山県立岡山城東高等学校の偏差値は68で県内でもレベルの高い高校です。

入局後、2年間はNHK徳島放送局に勤務し、2015年2月からNHK大阪放送局へ異動。
2017年から東京アナウンス室に配属。

演奏家を目指していた

赤木野々花さんは、ハープを専攻しており演奏家を目指していました。
その後、先生の言葉に感銘を受け、同じ表現者であるアナウンサーになりたいと思うようになりました。

しかし、そう思ったのは大学3年生のときで「言葉のプロを目指すには語彙力がなく、なかなか咄嗟に言葉が出てこない…いまさら遅いのかも」と悩んだそうです。

就職活動中も、演奏活動を続けながら就活にチャレンジしたとインタビューで語っています。

参考:NHK

正式な結婚発表はいつなのか?

ネットでは、「アナウンサーは一般人なんだから放っておいてあげて」「いちいち報道する必要ある?」との声が多数みられました。

結婚相手の名前や詳しい経歴は不明ですが、高身長でイケメン、そして制作会社を経営していることはわかっています。

とはいえ、赤木アナファンの方は、いつ結婚するのか、正式な結婚発表があるのか気になるのではないでしょうか。

いまのところ、いつ結婚するのかは公開されていませんが、今回、文春にスクープされたことで何かしら発表があるかもしれませんね。

末長くお幸せに。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです