あなたが愛される価値がないと思っていると、
世間はあなたに対して冷たいですし、好きな男性からも愛されません。

エムコ
私も以前は、
愛される価値がないと思って苦しんでいました。
恋愛部部長エイミー
愛される価値があると
自分で認められるようになると、
好きな男性にも周囲からも愛されるようになります。

ad by google

自分を愛すると男性から愛される

「自分は愛される価値がある」と思えるようになると、
世の中があなたに対して優しくなります。

そして、あなたの好きな男性からも心底愛されるようになるのです。

恋愛や人間関係が上手くいかない女性は、
「自分には愛される価値がない」
と思っています。

人間は、目に見えない説明できないような「第六感」的なものがあります。

「なんだか、この人は危なさそう」
「この人とは、仲良くなれなさそう。」

あなたも、人を見てそのような感覚を感じたことがあるのではないでしょうか?

あなたが、自分には愛される価値がないと思い込んでいると、
相手もそれを敏感にキャッチします。

すると、

「なんだか、彼女は自分に自信がなさそうだな。」
「なんとなく、魅力的な女性には感じられないな。」

となんとなく感じてしまうものなのです。

自分を好きになる事の重要性とは?

自分を好きな人は、当然のように「愛される価値がある」と思っています。
そして、当然のように周りからも男性からも愛されます。

一方で、自分を嫌いな女性はどうでしょうか?

ある女性は、自分が嫌いで自分は愛される価値はないと思っていました。

それでも、彼女には初めて彼氏が出来たのです。

最初は、彼も彼女を大切にしていましたが、
それにも関わらず、
彼女は「私が愛されるはずがない」と思っていたので、
彼の気持ちを疑うように。

彼が電話に出ないと、

「他の女性と会っていたのでは?」

と疑うようになりました。

そして、彼に嫌われたくないあまりに
彼の予定にばかり合わせてしまい「都合の良い女」になっていきました。

その彼氏も、自分の言いなりになる女性を「下」に見るようになり、
束縛や、疑いが多くなっていったため「俺は彼女に信頼されていない」
と思うように。

結果的に、彼は彼女とのお別れを決意したのです。

悪いのは、彼氏なのでしょうか?

もし、彼女が自分を愛していたら、
自分が好きになった男性を信頼出来たでしょう。

過度な束縛や、疑いを彼氏に向けることもなかったかと思います。

また、自分が好きなので彼氏の予定ばかりに合わせず、
自分の予定を優先させて自分を大切にすることで、
彼にも大切に扱われた事でしょう。

このように、恋愛が上手くいくには自分を好きでいることが重要なのです。

自分が嫌いでいつも恋愛が上手くいかない女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

愛される価値があると思えるようになる7つの方法

1.自分の心の声を聞く

あなたは、自分の「心の声」を聞いてあげていますか?

例えば、仲良しの友達との女子会。
いつも、愚痴や悪口ばかりで、あなたは嫌な気分になっていたとします。

それでも、嫌われたくない・友達がいないよりマシだと思って
無理に女子会に参加していないでしょうか?

あなたの気分が落ち込んだり、モヤモヤしている時は、
あなたが自分の気持ちに「嘘」をついていたり「無視」している時です。

悪口だらけの女子会の時、あなたの心の声を聞いてみてください。
「もう、悪口大会は嫌だ」
「もう、帰りたい!」

という本音が出てくるかもしれません。

そこで、友達に「悪口はやめてくれる?」「もう帰るね」
と言ってしまえば、友人関係にヒビが入ってしまいます。

しかし、まずは嫌だと感じている自分の気持ちを感じてあげましょう。

「悪口ばかりで、気分が悪いよね。帰りたいよね。」

と言った風にです。

それから、毎回出ていた女子会の参加を何か理由をつけて減らしてみる。
悪口大会にならなさそうな、イベントに友達と出かけてみる。

など、友人関係を良好に保ちながらも、あなたを大切に出来る方法は必ずあります。

まずは、自分の心の声を聞いてあげる。
そして、その感情を認めてあげることから始めましょう。

2.自分を抱きしめてあげる

自分の声を聞いてあげることは大切ですが、
あまりにも自分を犠牲にしてきた女性は、自分の本音すら分からなくなっていることもあります。

そこで、手っ取り早く、自分自身を愛するには
自分で自分を抱きしめる方法がオススメです。

両手を出来る限り背中に回して、自分で自分を抱きしめるようにしてみてください。
毎日、いつでも何分でも好きなだけ自分を抱きしめましょう。

人は抱きしめられると、幸せホルモンが分泌します。
それは、好きな男性でなくても自分自身で抱きしめても同じ効果があるそうです。

そして、誰かに抱きしめられる行為は、愛されている証拠でもあります。
自分で自分を抱きしめることは、自分自身を愛することに繋がります。

自分自身を抱きしめた分だけ、あなたはあなた自身を愛してあげているという事に
繋がるのです。

私、エムコは自分に自信がない女性でした。
そこで、エイミー部長にすすめられた自分自身を抱きしめる行為「セルフハグ」を始めたのです。

最初は半信半疑でした。

今まで、誰に何を言われるのか「ビクビク」していました。
そして、好きな男性に素直になれず関係も悪化していたのです。

セルフハグをはじめて1ヶ月が経った頃。
誰に何を言われるのかいつもビクビクしていましたが、その感覚がほとんど無くなっていました。

それに伴い、人と会話するときに変な力が抜けたのか、ありのままの自分を出しやすくなりました。
すると不思議と、それまで私に対して堅い対応だった人が、フレンドリーになっていきました。

そして2ヶ月経った頃

好きな男性に対しても態度が変わりました。
いつも相手の男性は威圧感を私に与えていましたが、それが無くなりました。

すると、自然にボディタッチしたり、冗談交じりに「会いたいなぁ」などと
言えるようになったのです。

特に、好意アピールをしようとして狙ったわけではなく
無意識にしていた行動です。

すると、彼も嬉しそうで、さらに関係は良くなっていったのです。

正直、あまり期待していませんでしたが

「今では、セルフハグの威力は半端ないな!」

と実感しています。そして3ヶ月後が楽しみです。

自分を愛する方法が分からない女性は、まず自分を抱きしめることからはじめてみましょう。

3.自分と会話する

自分と向き合う時間を取ることは、自分を愛する事です。
それには、自分自身と会話することが大切です。

親友に相談するように、自分自身と会話しましょう。

とはいっても、口に出して会話するのではなく、自分の思っていることや
悩んでいることを紙に書き出していくのです。

紙に自分の悩みや感情を書き出していくと、
頭が整理されて、意外とすぐに答えが出たりするものです。

結局のところ、答えは自分の中にあるのです。

また、他人に相談すると、あなたのドロドロした汚い部分は
なるべく隠して話すようになりますよね?

しかし、自分で会話すれば、誰にも文句は言われないので、
あなたのドロドロした汚い感情をも紙にぶつけることが出来るので、
ストレス発散にも繋がります。

最終的に、書いた紙は捨てればいいのです。

イライラしたり、思いつめたときには、何も書くことがなくなるくらい
自分の感情を紙に書き出すと頭がスッキリし、心が軽くなります。

4.愛された経験を思い出す

「わたしは、誰にも愛された経験なんてない。」
という女性も多いでしょう。
しかし、誰にでも愛された経験の1つや2つはあるものです。
あなたの両親が、どんなにひどい親だったとしても、
あなたに両親がいなかったとしても、
愛されたことがない人などいません。
あなたを気にかけてくれた先生や、
あなたを育ててくれた大人の人、近所の人。
過去を思い出してみてください。
愛された経験というのは、
「誰かにしてもらったこと。」
です。
どんなに小さいことでも、それは
あなたが愛された証でもあります。
優しくしてくれたこと。
あなたを思って、怒ってくれた人。
あなたが、人から受けた優しさを思い出してみましょう。

5.プラスの面を見てみよう

愛された経験がないと嘆く女性の多くは、
人生の「マイナス」の面ばかりみているものです。
家族に恵まれて育った女性も、
マイナスの面ばかりみて愛情を受け取るのが下手な人は、
「愛されていない。」
と思い込むのです。
あなたが、愛情を受け取るのが下手だと
責めているのではありません。
しかし、どうせなら
「プラスの面」
を見て、
「わたしは、愛されている」
と感じた方が、人生得だと思いませんか?
例えば、
母親が毎日ご飯を作ってくれたこと。
この1つの例だけ挙げても、
あなたが愛されていた証拠です。
当たり前のことすぎて、目の前にある愛情に気づけない人も
少なくありません。
しかし、母親が毎日ご飯をつくってくれることは
果たして当たり前のことでしょうか?
今まで、当たり前だと思っていたことに目を向けて
「わたしは、愛されている。」
と、
「愛されていなかった。」という記憶から、
プラスの「愛されていた。」という記憶に変換していきましょう。

6.自分に愛されている事を忘れない

あなたが風邪を引いた時、
熱を出して「菌」をやっつけてくれるのは誰ですか?

あなたが怪我をした時に、
治してくれるのは誰でしょうか?

それは、あなた自身です。

そして、あなたが失恋して心に大きな傷を追った時に、
「恋愛が怖い」
と思わせるのは、あなた自身があなたを「危険」から守るための
防御本能です。

このように究極は、あなたはあなた自身に愛されているから
今も生きていられるのです。

7.防御反応に負けない

よく、プラス思考で生きましょう。
といろいろな本で言われています。
しかし、
人間は、防御反応から、
マイナスの思考に傾きがちなのは、ある意味仕方ないことなのです。
マイナス思考は、身の危険から守るための
人間の本能でもあります。
しかし、過剰なマイナス思考は、
身の危険からあなたを守るどころか、
あなた自身を傷つけてしまいます。
もし、あなたが愛されていないと思っているのであれば、

「もしかしたら、愛されていたのかもしれない。」
「そういえば、あの時、優しくしてくれた。」

など、少しずつ、プラスの面にも目を向けてみましょう。
コインに表と裏があるように、
マイナスに見えることにも、必ずプラスの面はあるものです。
マイナスに受け止めていた過去にも、
必ずプラスの面があります。
プラスの面にも目を向ける癖を少しずつ習慣づけることも大切です。

まとめ:愛される価値がない?愛される価値があると認めよう

愛される価値がないと思っていると、
好きな男性には振り向いてもらえないだけでなく、
周囲からも冷たくあしらわれてしまいます。

一方で、自分自身に愛される価値があることを認めると、
好きな男性に愛され、周囲の人からも優しく対応されることが増えていきます。

自分を愛することは今日からでもできます。
まずは、今この瞬間に自分を抱きしめてあげましょう。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです