スポンサーリンク


この記事では以下の内容を解説します

①お互い好きなのに別れたその後の男性心理3つ
②お互い好きなのに別れる理由と男性心理
③お互い好きなのに別れたその後の関係性
④お互い好きなのに別れた後、復縁するパターン3つ

この記事では、「お互い好きなのに別れたその後の男性心理3つ」「別れる理由」「その後の関係性」「復縁するパターン」について心理学的な視点から解説していきます。

スポンサーリンク

お互い好きなのに別れたその後の男性心理3つ

1.未練を残す

お互いに好きなのに別れてしまうということは、本音では今後も関係を続けたかったということです。
人間には、「ツァイガルニク効果」と呼ばれる心理現象があります。

「ツァイガルニク効果」とは、人間は達成できなかった物事を強く覚えているという心理現象のことです。

つまり、お互いに別れたくなかったのに別れてしまった場合、その恋が達成できず中途半端に終わってしまうことを意味します。
そのため、「ツァイガルニク効果」が働き、相手に対して未練を残しやすいのです。

お互いに好きなのに別れた場合だけでなく、「失恋」した側の人のほうが、この心理現象により相手に未練を残しやすいと言われています。

ただし、好きなのに別れを決意した場合、関係が続けられない「原因」があったはずです。
その原因が解消されない以上、未練を残しつつも復縁を望まずにいる男性も少なくありません。

2.復縁を望む

1度は、お互いの幸せのために別れを決断した男性も時が経つにつれ気持ちに変化が起こることがあります。
特に男性というのは、好きな女性と別れて長い間会えない期間が続くと、本当の気持ちに気付いたり後悔することが少なくありません。

そのため、別れを決断した当初は、「別れたほうがいい」と頑なに思っていても、1、2ヶ月も経てば、その決意が揺らぐ可能性もあるのです。

その結果、復縁を望んだり、実際に元彼に復縁したいと申し出る男性も少なくありません。

会えない期間が続くと男性心理が変化することについては、以下の記事が参考になります。

男が別れを後悔する時期&期間は2〜6ヶ月|冷却期間を置く事が復縁成功のポイント

3.きっぱり忘れる

ドラマや漫画では、好きな女性の為に別れを決意する男性の美談が描かれることが少なくありません。
しかし実際には相当な理由でもない限り、本気で好きな女性のことをそうそう手放そうとはしないのが男性です。

そのため、別れた時に確かに彼女のことを「嫌い」にはなってないものの、「付き合い続けるほどの好意がなくなっている」ケースも少なくありません。

この場合、女性側は「お互いに好きなのに別れた」と思っていても、実際には男性の気持ちは冷めているのです。

別れた後に、男性が別れた事を後悔して復縁を迫ることもありますが、中には、既に彼女への気持ちが冷めているため、別れた後にきっぱり忘れて新しい恋をスタートさせる男性も意外に多いのです。

スポンサーリンク

お互い好きなのに別れる理由と男性心理

結婚

1.遠距離恋愛になるから

お互いに好きなのに別れる理由の1つに「遠距離」があります。

本気でお互いに好きであれば、日本国内での遠距離であれば、耐えられるカップルは意外に多いでしょう。
しかし、どちらかが外国に行きしかも、それが3〜4年など長期間になると「耐えられない」と考える男女は少なくないものです。

また、人間には利益を最大にしようとする心理的傾向があります。
社会学者のホーマンズの「社会的交換理論」によると、人間はなるべく低いコストでおおきな報酬を得ようとする心理傾向があります。

遠距離恋愛の場合、時間やお金などの「コスト」がかかります。

そのため、かけたコスト以上の「報酬」を得られないと、遠距離恋愛を続ける意味を見出だせず破局を迎えてしまうことが少なくありません。

女性側は、彼は私のことを好きだけど遠距離恋愛になるから別れたと思っていても、実際には、男性はコストと報酬を計算し、遠距離恋愛を続けるまでの恋愛感情がないと判断して、別れを決意しているケースもあります。

以下の記事も、参考になります。

遠距離とわかって付き合う男性心理6つ|最初から遠距離なのは本気度高め?

スポンサーリンク

2.関係が続けられない状況になる

例えば、どちらか一方が既婚者であったり、家庭のいざこざにパートナーが巻き込まれるなどのトラブルの可能性がある場合、どうしても別れを決断しなければならない場合もあります。

この場合、本当にお互いに好きだからこそ、「相手の幸せ」や「相手の身を守る」ことを理由に別れを決断するケースが少なくありません。
ただし、本当にあなたのことを好きであれば、その問題を解決した後に、再度、復縁を迫ってくることもあるでしょう。

3.付き合っていても辛いだけの関係

お互いに好きであっても、どうしても喧嘩ばかりしてしまったり、家族の反対にあって辛いことが続いてしまうケースも少なくありません。
少し離れれば許せるものの、常に顔を合せている状況では、どうしても相手の行動や言動が許せないということも多いです。

この場合、お互いに好きではあるものの、現在の状態にどちらか、もしくは両方が「心身ともに疲れている」状態です。

そのため、1度離れて「楽になりたい」という心理から、別れを決意するのです。

ただし、お互いの気持ちが強い場合、1度離れるとお互いの大切さを実感し、また関係が復活するということも多いです。

4.実は一方の気持ちが冷めている

「お互い好きなのに別れたその後の男性心理3つ」の項目でも触れましたが、「お互いに好き」だと思っていても、実際にはどちらかの気持ちが冷めているケースも少なくありません。

特に男性というのは、それまで好きだった女性を「傷つけたくない」という気持ちが強いです。

そのため、別れを告げる場合でも「嫌いになったわけじゃない」などとワンクッションおいて別れを告げるため、女性側は、「好きなのに別れたんだ」と思うことも意外に多いのです。

しかし、実際には付き合い続けるほどの強い恋愛感情を抱き続けることが難しくなったという事が本音の場合もあります。

好きだけど別れる男性心理については、以下の記事も参考になります。

好きだけど別れる男性心理7つ&復縁する方法!遠距離も別れの理由の1つ?

スポンサーリンク

お互い好きなのに別れたその後の関係性

1.友達に戻る

恋人になる前に長い友人関係である場合には、別れた後に友達に戻るカップルも少なくありません。

それ意外でも、男性には「自分に好意的な女性を側に置いておきたい」という心理が強いため、友達として関係を続けようとする人もいます。

元彼が友達に戻る10の男性心理については、以下の記事が参考になります。

元彼が友達に戻る10の男性心理|別れても友達でいたいのはなぜで復縁は?

2.縁を切る

お互いに好きで別れた場合、会い続けてしまうと、なかなか相手を忘れることができません。
特に女性というのは、好きな相手と会えば会うほど、相手への好意が強くなる傾向があるので、別れた後は縁を切ると決意する人も多いです。

このため、お互いに相手を忘れるために、あえて縁を切って連絡を一切取らないカップルも存在します。

3.曖昧な関係を続ける

お互いに気持ちがある状態で別れてしまうと、どちらか一方の気持ちに揺らぎが出た時に連絡を取ってしまうことがあります。

多くの場合、寂しくなった時、お酒に酔った時に男性が女性に連絡してしまう事が多いですが、女性にも気持ちが残っている場合、それをきっかけに会うということを繰り返します。

この場合、体の関係を持ってしまうことも多く、曖昧な関係を続けてしまい、結果的には女性側が「都合のいい女」状態になってしまうこともあります。
一方で、別れては曖昧な関係を続けて、また復縁し別れるなどと、「腐れ縁」的な関係になるカップルも少なくありません。

4.復縁する

お互いに気持ちが残っているままで別れた場合、その後、復縁する可能性も高くなります。
お互い好きなのに別れた後、復縁するパターン3つについては、以下より解説していきます。

お互い好きなのに別れた後、復縁するパターン3つ

別れ

1.別れた原因が解消する

男性は、別れを決意するまでに悩みに悩んだ上で結論を出します。
そのため、1度別れを決めたらその結論が覆ることはそうそうありません。

お互いに好きであっても、付き合い続けられない「原因」が解消しなければ、復縁はできないと頑固に考えている男性がほとんどです。

しかし、別れの原因となったものが解消した場合は、復縁の可能性が高くなります。

女性側が彼との復縁を望む場合、その「原因」を解消することが、もっとも重要です。

2.どうしてもお互い忘れられない

お互いに喧嘩ばかりなど、恋人関係の時に「しんどい」経験をしていても会えない期間が長くなると、嫌な事は忘れてしまうものです。

特に男性は、元カノを美化する傾向が強いので、別れてしばらく経つと嫌な事は忘れて、元カノに連絡してしまう男性は意外に多いものです。

それをきっかけに、お互いにどうしても忘れられない相手だと、復縁してしまうケースは少なくありません。
ただし、別れと復縁を繰り替えしてしまうカップルは、根本的な問題を解決しなければ、今後も安定した関係を続けることが難しくなります。

3.偶然の再会

お互い好きで別れてしまい、その後、音信不通になっていても偶然の再会で復縁するカップルも多いです。
特に男性は、例え他の女性と付き合っていても「本命の女性」のことは、忘れられないものです。

別れて何年も経っており、お互いに恋人がいないなど、タイミングや状況が合えば復縁となるケースも少なくありません。

彼は、あなたとの復縁を望んでる?

復縁

お互いに好きで別れた場合、男性側に未練があったり、復縁したいと考えていることは意外に多いです。

あなたも彼に気持ちが残っている場合は、「彼は、私のこと今どう思っているのかな?」と彼の本音を知りたいと思っているのではないでしょうか?

そこで、彼の本音を知る方法の1つとして「占い」「スピリチュアル」があります。

占いを信じない方もいらっしゃるかと思いますが、目に見えない力(透視・波動修正など)を活用することで、彼の気付いていない本音を探ることも可能です。

 

えむえむえむえむ

実際、私は片思いを続けていて苦しかった時期に、占い師に「彼もあなたを好きだけど彼からの告白は期待しないで」と言われ、決心が付き自分から告白して付き合う事ができました。

占いには対面鑑定だけでなく、自宅で気軽に当たる占い師に占ってもらえる「電話占い」「メール占い」もあります。

ただ占いサイトの選び方を間違えるとデタラメな事を言われる事もあるので注意が必要です。

私や恋愛サイコのスタッフが利用しているのは、厳しい審査基準を満たした占い師しか所属できない業界大手の老舗「電話占いヴェルニ」です。

(体験談はこちら▶「えむえむ電話占い体験談」「うさ子メール占い体験談」)

 

今なら初回無料(最大2000円分)で占ってもらえるので、興味のある方は以下より詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

【初回最大10分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※19歳以上限定

 

うさ子うさ子

無料通話分で占ってもらうには、「彼と付き合える可能性は?」「新しい出会いはいつ?」など、具体的に質問したいことを決めておくことがポイントだよ!

スポンサーリンク

【結論】別れたその後も「未練を残す」ことが多い

えむえむえむえむ

今回の記事の内容をまとめると、以下の通りです。

お互い好きなのに別れたその後の男性心理3つ

1.未練を残す
2.復縁を望む
3.きっぱり忘れる

お互い好きなのに別れる理由と男性心理

1.遠距離恋愛になるから
2.関係が続けられない状況になる
3.付き合っていても辛いだけの関係
4.実は一方の気持ちが冷めている

お互い好きなのに別れたその後の関係性

1.友達に戻る
2.縁を切る
3.曖昧な関係を続ける
4.復縁する

お互い好きなのに別れた後、復縁するパターン3つ

1.別れた原因が解消する
2.どうしてもお互い忘れられない
3.偶然の再会
うさ子うさ子

お互い好きで別れた場合、未練が残りやすく復縁の可能性も高くなりそうだね

【無料占い】復縁できるか占う

・3カ月以内に元彼と復縁できる?
・復縁成功の具体的な方法が知りたい

などのお悩みを、電話占いヴェルニなら圧倒的な的中率を誇る占い師に相談することができます。
メール占いもあり)

◎今だけ初回無料(最大2000円分)

【初回最大10分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※19歳以上限定

(※)参考文献

斎藤 勇斎藤 勇「図解心理学用語大全」(誠文堂/新光社)


スポンサーリンク


こちらもおすすめです