足立梨花さんが、土曜スタジオパークに登場しましたが、顔の2箇所に「あざ」のようなものがあると話題となっています。

SNSでは、「足立梨花の顔、どうした?」「あざ?」「シミ取りでもしたのか?」と話題となっています。

足立梨花さんの顔のあざのようなものは、一体、何なのでしょうか。




足立梨花の顔のあざの理由は?

足立さんの顔のあざのようなものですが、1つは、「あざ」、もしくはシミ取りなどをした後の「絆創膏(パッチ)」ではないかと予想されています。
しかし、普通、シミ取りなどをすれば、女優さんですからTVなどで出演する際は、目立たないように、パッチを外して化粧で隠すことが一般的でしょう。

ということは、彼女は、そこまで気にしていないと考えられます。
また、マスクなどの擦れの傷隠しのパッチでは?という声も。

ad by google

過去に、謎の「あざ」で悩まされていた

足立梨花さんは、2015年頃に、ご自身のSNSで、「知らない間にアザができた」と、痛々しい膝の画像をアップしています。

実は、あざができやすい体質・病気としては女性が陥りやすい「貧血」があります。
再生不良性貧血、自己免疫性溶血性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血などになると、「あざ」や「内出血ができやすい」という症状がみられます。

特に女性の多くは、鉄不足に陥りがちですので、もしかすると足立さんは重度の貧血なのかもしれません。

また、以下のような意見もあります。

単純性紫斑とは?

単純性紫斑とは、「20代の女性に好発する、四肢とくに下肢の皮膚の表面にできる、しこりのない点状の出血斑です。合併症はありません。春、秋に多く発症する傾向があります。」とあります。(qlife.jp

この、「単純性紫斑」というのは、主に足を中心に出ますが、時には体幹や、顔にもできることがあるようです。

シミ取りや怪我で絆創膏を貼ってる?

美容皮膚科などで、シミやほくろをレーザーで撮った場合、紫外線などに傷口を当てないよう、絆創膏のようなパッチを貼る必要があります。

もし、足立さんが、何箇所かレーザーでシミ取りなどを行ったなら、パッチを顔に貼ることもあるでしょう。

ただ、TV出演時に、ここまで目立つようなことはしないように思います。

ただの絆創膏?

視聴者がびっくりするくらいの顔のあざですが、ご本人は気にしていない様子。
もともと足立さんは、あざができやすい体質のようですので、顔にたまたまあざが出てしまった。

もしくは、Twitterでもあるようにマスクなどのスレもしくは、火傷などで絆創膏など貼っているのでしょうか。
なんだか、モヤモヤが残ります。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです