「気になる男性に2人きりでの食事に誘われた。脈ありなのかな?」

と考える女性は多いかと思います。

えむこえむこ

男性は女性と2人きりで食事できると
「いける!」と思うのは本当ですか?

エイミーエイミー

はい。
男性の場合、女性が2人きりの食事に来てくれるということは
「脈あり」だと判断する事が多いですね。

 

ここでは、男女の2人で食事に対する認識の違いについてみていきましょう。

ad by google

2人で食事に誘う5つの男性心理

1.彼女にしたいと思っている

ほとんどの男性は、何の興味もない女性を2人きりの食事に誘おうとは思いません。
そのため、気になる男性から2人きりの食事に誘われたら
脈あり度はかなり高めだと考えていいでしょう。

真面目な男性であればあるほど、その女性が気になっていて、
できれば彼女にしたいと思って2人きりの食事に誘ってきます。

1度だけではなく、2度・3度、2人きりでの食事に誘われるようであれば、
「あなたを彼女にしたい!」という気持ちの現れです。

2.下心から

男性は、興味のない女性を2人きりの食事に誘おうとは思いませんが、
それは恋心ではなく、下心から誘う男性も少なくありません。

本命の女性をデートに誘う時とは違って、
デート中は、下ネタが会話に出たりボディタッチが多くなリがちです。

また、あわよくばを期待しているので、
相手の女性の事を考えずに、無理にお酒を飲ませて酔わせようとします。

そのほか、2次会・3次会に誘って終電を逃すように仕向ける男性もいるでしょう。

下心からあなたを誘う男性の場合、その本性は1回目のデートでだいたい現れますので、
気をつけましょう。

 

 

 

下心か、恋心か彼の気持ちが知りたい方は
以下のサイトもおすすめです。

 

食事に誘うあの人の本音が判る
驚異の占いサイト⇒Click

 

 

 

3.女の子と一緒に過ごせて嬉しい

大人の男性が、キャバクラ嬢と同伴してご飯を食べるような感覚で、
1人でご飯を食べるより、可愛い・綺麗な女の子と食事をしたいという男性心理です。

相手の男性が既婚者やプレイボーイだったりすると、
ただ可愛い・綺麗な女の子と食事を食べるだけで楽しいと考えています。

この場合、あなたを好意的に見ていますしあわよくばと考えていないわけでは
ありませんが、その場を単純に楽しんでいる場合が多いです。

「綺麗な女の子とご飯をたべれている自分」に酔っている男性も少なくありません。

また、モテない男性や1人でご飯を食べるのが苦手な男性は、
女の子が一緒にご飯に行ってくれるとありがたいと考えていますので、
そのような理由で誘ってくるケースもあります。

4.相談がある

例えば職場などで、同じような立場上の男女であったり、
何かしら会社の事で悩んでいる事が一緒であるケースは少なくありません。

そのような会社での悩みや今後、どうすればより良い会社になるか?
など純粋に業務の事で相談したいので、2人きりで食事に誘ってくる男性も
多いです。

これは職場だけでなく、同じコミュニティーに属している男女であれば
よくある話でしょう。

そこには、男女という意識はなく「同志」という気持ちの方が強いかもしれません。

5.感謝やお別れの意味で

私は昔、営業マンをしていましたのでそれぞれの企業の偉い方と
仲良くさせて頂いていました。

そんな時、私が仕事を辞めて実家に戻るという事で、
感謝とお別れの意味を込めて、

「じゃあ、最後に食事でもしようか」

と誘われた事があります。

このように、何かしら「感謝」を伝えたかったり、私のように「送別会」のような
意味を込めて2人きりの食事に誘ってくるケースも多いです。

そこに、「下心・あわよくば」という気持ちが100%ないとは言い切れませんが、
純粋に、「ありがとう」という気持ちを伝えたい気持ちが大きいでしょう。

男女の2人で食事に対する認識の違い

1.その場を楽しむ女性

男女で食事をとる事に、抵抗がないのは女性のほうです。
女性は、男性と2人きりで食事することに、
特に、特別な感情を抱くことはありません。
もちろん、嫌いな男性と2人で食事に行く事は、ありませんが、
2人で食事に行ったからといって、相手の男性を
男性として意識しているかどうか?は
あまり関係ありません。
女性は、その場を楽しむことができれば、いいのです。
しかし、実は、男性の場合は違ってきます。

2.その先(性的な関係)を期待する男性

男性が、女性を2人きりの食事に誘うということは、
相手の女性と、その先を期待している可能性が高いです。
男性は、目的もなく、コミュニケーションをとるためだけに
女性と食事には行かないものです。
あくまで、相手の女性と、今後、仲良くなりたいという
期待があるからこそ、2人きりの食事に誘うのです。
しかし、女性から誘われた場合は、相手の女性を
女性として見ていなくても、食事に行く男性も居ます。
しかし、男性から2人きりの食事に誘われたら、
脈あり度は高いと言えるでしょう。

3.勘違いするのはいつも男性

あなたは、2人きりで食事に出かけて、
男性から、猛烈なアプローチを受けた事はありませんか?
男性は、女性も、
「自分と、仲良くしたいから2人で食事してくれた。」
と勘違いするものです。
男性にとって、
2人で食事に行く=脈あり
という認識なのです。

4.逆に利用して好意をアピール

男性にとって、
2人きりで、食事に行く事=好意の現れでもあります。
そこで、その男性心理を逆に活用して、
好意をアプローチすることも可能です。
「今度、ご飯に誘ってください。」
と軽く、
「あなたと2人で食事に行くことを、私は断りません。」
とアプローチするだけで、
男性は、
「もしかして、いけるかも?」
と期待するものです。

男性にアプローチする方法は、何も
告白したり、デートに誘って欲しいと言うことだけではないです。
モテる女性は、
「私を、誘ってもいいよ。」
という、OKサインを出すことが得意です。
軽く、誘ってもいいよというサインを男性に
出してあげることも立派なアプローチの一つです。

 

 

下心か、恋心か彼の気持ちが知りたい方は
以下のサイトもおすすめです。

食事に誘うあの人の本音が判る
驚異の占いサイト⇒Click

 

2人きりの食事に誘うのは「好意」があるから!

男性は、興味のない女性を闇雲に2人きりの食事には誘いません。

女性は、男性と2人きりの食事に抵抗はありませんが、
男性は下心や好意があってこそ2人きりで過ごそうとしますので、
プレイボーイでもない限り、女性をむやみに食事には誘わないのです。

ですから、どういう理由であれ、2人きりでご飯に誘う男性心理としては、

基本的にあなたが好きで、仲良くなりたいという気持ちの現れです。

中には、男女の壁を超えて職場などの「同志」としての好意で誘ってくる
こともありますが、それでも人間的に信頼していて好きだという気持ちの現れです。

あなたと好きな人が、特に職場で「同志」のような関係でなければ、
2人きりでの食事に誘われたら脈あり度は高いと言えるでしょう。

とはいえ、男性の中にはあなたを彼女にしたいと考えて誘ってくる人と、
あわよくばという下心で誘ってくる人がいますから、
その違いをしっかりと見極める事が大切です。

 


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです