大武美保子准教授、ふれあい共想法で認知症を予防!【夢の扉+】

  

スポンサードリンク



全国で認知症の患者さんは約462万人。予備軍を含めると800万人
「認知症の患者さんの数を今の10分の1にしたい」と奮闘されているのが、
夢の扉+にも出演された大武 美保子(おおたけ みほこ)准教授です。

今回は、大武美保子准教授及び、彼女の開発した、
認知症の予防・回復を目指した「ふれあい共想法」についてご紹介します。

大武 美保子(おおたけ みほこ)さんプロフィール

大武 美保子 ふれあい共想法出典:chiba-u.ac.jp

大武 美保子(おおたけ みほこ)
学歴:1998年東京大学工学部機械情報工学科卒業
東京大学大学院工学系研究科機械情報工学専攻博士課程修了 博士(工学)
現職:千葉大学大学院 工学研究科 准教授
民産官学連携研究拠点・NPO法人 ほのぼの研究所 代表理事・所長

年齢は、現役で大学入学し卒業しているとすると1975年‐1976年生まれに
なるので、現在40歳前後だと思われます。

【経歴】
経歴学生時代に、
人間の筋肉のように柔らかい、
全身が人工筋肉でできた「柔軟ロビット」「ゲルロボット」を開発
大武 美保子 ゲルロボット出典:neuroscint.org

2004年-2008年「神経系の双方向マルチスケールシミュレーションの研究」に従事
※簡単に言うと人が他人の動作を観察して、
その人の内部の状態をある程度推測できる能力についての研究
例えば、神経内科の医師が患者の歩行状態などを見て、
どのような病変があるか、ある程度、推定できるなど
引用元:neuroscint.org

【著書】

介護に役立つ共想法―認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション

「ふれあい共想法」とは?

大武 美保子 ふれあい共想法出典:fonobono.org

大武美保子准教授の認知症の祖母との会話がヒントとなり、
考案された「ふれあい共想法」

それは、難しい方法ではなく、

「好きな写真」をお互いに持ち寄り、その写真について話合う
といった簡単なものです。

実施手順としては、以下のようになります。

・参加者は6人程度のグループ
・テーマに沿って写真とそれにまつわる話題を準備
・司会者が画像を共想法支援システムに登録
・スクリーンに投影された画像を説明
・単発または複数回実施の後、効果測定

fonobono.org


例えば、「可愛がっている猫」の写真を女性が持ってきたと仮定します。
そして、彼女は、「うちの猫で、名前は○○」と写真について説明します。

そうすると、グループ内の男性が「いつも○○ちゃんは、何をして遊ぶのですか?」
と質問します。

流れとしては、このようなものなのですが、大武准教授によると、
「会話をするときは、相手の反応などを考えて、おおくの言葉から発する言葉を
選んでいます。それは、大変頭を使う作業」なのだとか。
47news.jpより

ふれあい共想法は、会話が活発になるよう画像を使い
会話をすることによって「体験記憶・注意分割力・計画力」などといった
総合的な認知機能を活用することにより、認知症の予防、回復を目指しています。

「ふれあい共想法」HP▼
http://www.fonobono.org/modules/tinyd1/

「ふれあい共想法」の方法を知ると「簡単だな」と思うと同時に、
「人は、1人では生きていけない、人との関わりが大切」なんだと実感しました。

現代は、核家族化が進み、さらには独身がどんどん増えている状況です。
その一方で、高齢化は加速し孤独死などが問題となり、対策をしている地域もあります。
今後は、どうやって「人との関わり」を作っていくか?という事が、
認知症予防だけでなく、日本の課題なのかもしれません。


スポンサードリンク

関連記事

NEWS&話題, 医療」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  2. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  3. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  4. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  5. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  2. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
  3. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  4. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  5. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
ページ上部へ戻る