わたしを離さないで|原作のあらすじとは?介護人と臓器提供者の結末

  

スポンサードリンク



『わたしを離さないで』とは、2005年にカズオ・イシグロ(日系イギリス人作家)が発表した長編小説です。
2010年には映画化もされています。

そして日本では2016年1月よりドラマがスタートします。
『わたしを離さないで』の舞台は、へールシャムという全寮制の学校です。普通の学校とは違って、生徒たちは臓器提供だけのために生まれてきた「クローン人間」です。
臓器提供のクローン人間と言えば、個人的にユアン・マクレガー主演の映画「アイランド」が浮かびます。

「アイランド」は、近未来のSFですが、『わたしを離さないで』の舞台は1990年代末のイギリスです。
作者・カズオ・イシグロによると『クローンや臓器提供をテーマにしたかったわけではなく、長くは生きられない若者たちの“生”を描くことが主眼だ』と答えています。
(引用元:trendy.nikkeibp

わたしを離さないでの登場人物の人生

原作での主要人物は、キャシー、トミー、ルースの3人。
物語は、31歳で介護人であるキャシーの場面から始まり、キャシーの回想からストーリーはスタートします。
キャシーは、とても優秀な介護人で、評価されており彼女は介護する提供者を選ぶ事ができました。

日本ドラマでいえば、綾瀬はるかさん、三浦春馬さん水川あさみさんが、キャシー、ルース、トミーに当たります。

彼らは18歳頃まで、寄宿学校で過ごし、学校では、保護官と呼ばれる先生が存在します。

先生のもと、図画工作や絵などの創作を行い、創造性が求められます。授業で創作された作品で良いものは
学校外部のマダムと呼ばれる女性によって運び出されます。

また、毎週健康診断が実施され、生徒たちの喫煙に対して、保護官たちは
厳しい態度をとります。ここから普通の学校とは違うことが伺えます。

主要人物たちが、15歳前後の頃、先生から「自分たちは自らの臓器を提供するために生まれてきた」ことを明かされます。
学校を卒業した彼らは、似た施設からも若者が集まる「コテージ」に送らます。

キャシーはトミーと一緒に失くしたものが集まると言われている「ノーフォーク」へ向かいます。
そこで、幼い頃に失くしたキャシーの宝物ジュディ・ブリッジウォーターの曲「わたしを離さないで(Never Let Me Go)」が入ったカセットテープを見つけます。
それはキャシーが幼い頃、部屋で、枕を赤ん坊にみたてて枕を胸に抱き踊っていた時にかかっていた曲でした。
当時の少女を見て、マダムが涙するシーンもあります。

彼らは、かねてから噂であった「恋人がいて、それが本当の愛だと証明できれば、提供に猶予(ゆうよ)が与えられる」の真意を
確かめようと決意します。

そしてマダムの元へと向います。そこで、そのような猶予は与えられないという真実を知り、落胆します。

また、そこで「何故、生徒たちの作品を集めていたのか?」という真実も明かされます。
それは、クローンでも普通の人間に育つことを証明し、他の施設との差別化をアピールするための道具に使われていたのです。

その後、キャシーは介護人になることを決めて、コテージを後にします。

介護人は、臓器提供者の世話をする仕事です。臓器提供は、死ぬまで行われ、3回~4回目の提供で使命を完了する事が多いですが、
1回目の提供で命を落とす場合もあります。

臓器提供者は、提供するごとに体が弱っていくことは予想がつきますが、それを介護するのが介護人の仕事です。

しかし、介護人も自信に「提供の通知」がくれば、今度は「臓器提供者」となる運命が待っています。

結果的に、キャシーはルースの介護人になり、ルースは2度目の提供後に、使命を完了します。

そして、キャシーは3度目の提供を受けたトミーの介護人となりなりますが、4度目の通知が来た際に、トミーの願いで介護人を代えてもらいます。
その後、トミーは4度目の提供でこの世を去ったのでした。

とうとう1人となったキャシーは、ノーフォークへと向い、トミーの幻想を見ます。そして流れる涙をこらえ、
キャシーは「使命」を果たすためにノーフォークを去るのです。

(参考文献:第 13 回人間の安全保障読書会 

まとめ

あらすじを見ただけでも、胸がぎゅっと締め付けられるような結末のストーリーです。
アイランドのように、クローン人間が、自由を勝ち取るようなスカッとした結末ではありません。

この結末からして、カズオ・イシグロさんがこの作品を『クローンや臓器提供をテーマにしたかったわけではなく、長くは生きられない若者たちの“生”を描くことが主眼だ』と言っていたことがよく分かります。

この重いテーマを、日本のドラマで、どのように放送されるのか?今から楽しみでなりません。


スポンサードリンク

関連記事

NEWS&話題」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  2. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  3. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  4. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  5. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  2. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  3. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
  4. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  5. オードムーゲ
    ニキビ予防や、拭き取り化粧水として@コスメでも話題の オードムーゲ この化粧水、かな…
ページ上部へ戻る