レオナ・ヘルムズリーの生涯|遺産を愛犬に1200万ドル・孫2人には遺産なし


 

 

レオナ・ヘルムズリー(Leona Helmsley)は、
Queen of Mean(意地悪女王)と呼ばれ、

死後、愛犬に、1200万ドルの資産を残した事でも
有名な女性です。

今回は、意地悪女王と呼ばれたレオナ・ヘルムズリーの
生涯と、愛犬、孫たちについてご紹介します。

スポンサーリンク

レオナ・ヘルムズリーの生涯とは?

レオナヘルムズリー 孫出典:enwikipedia

レオナ・ヘルムズリーは、1920年7月4日、
ポーランドからのユダヤ系移民の両親のもとにニューヨークで生まれました。

 

父親は、家庭教師をしていましたが、生活の為に帽子を作っていました。

レオナは少女時代、マンハッタンに定住するまでに、
家族は6回以上の転居を繰り返していました。

その後、エイブラハム・リンカーン高校を中退したのをきっかけに、
レオナは、姓を何度か変えています。

2度の離婚を経験

レオナ・ヘルムズリーは、
1941年に弁護士のレオ・パンジレ(Leo Panzirer)と最初の結婚をしました。

彼との間には、1940年に生まれた息子ジェイ(jay)がいます。
※1982年に死去

 

1952年に、レオと離婚。

1953年に、衣服産業の執行者ジョセフ・ルービンと結婚し、1960年に離婚。

 

レオナは縫製工場で短期間、働いたのちに、
ニューヨークの不動産会社に入社し、副社長にまで上り詰めました。

不動産王と結婚

レオナは、1964年に、ホテル経営者としてキャリアを始めます。

最終的には、マンションのブローカーとなり、彼女のキャリアを積む過程で、
資産50億ドルと言われた不動産王のハリー・ヘルムズリー(Harry Helmsley)に出会います。

 

2年後、ハリーの証券会社・ブラウンハリススティーブンスなどの上級副社長の一つに参加。

 

その時、すでにレオナは億万長者でした。

 

ハリーには、33年間連れ添った妻がいましたが、
1972年に離婚し、同年、レオナとハリーは結婚します。

最終的に、レオナは、ニューヨーク市内を中心に、20のホテルを管理し、
夫のハリーは10億ドル以上の膨大な富を築きました。

意地悪女王のと呼ばれた彼女の行動とは?

レオナは、巨万の富を得て、贅沢な暮らしをしていましたが、
彼女の独裁的な行動は有名で、

従業員が少しの間違いをするだけで解雇していたといいます。

 

レオナは、巨万の富を得ていたものの
請負業者とベンダーに対する支払いを争うことで知られていました。

 

請負業者らは、レオナたちの未払いを訴え、訴訟。

その後も、元従業員から同性愛で不当解雇をされたなどで、
訴えられ莫大な賠償金を支払いました。

 

その他、脱税などで有罪判決を受け、

結果的に、レオナは、刑務所で16年間の刑を宣告されましたが、
最終的に、19ヶ月の収監と社会奉仕に短縮されました。

1997年に夫のハリーは亡くなり、
その後、家族や友人と疎遠となり、犬と一緒に住んでいました。

慈善活動家として寄付

意地悪女王と呼ばれたレオナでしたが、

1993年に服役を終えると、病院建設などの寄付を集め、

慈善活動家として寄付を続けました。

 

2001年の911では、消防士の家族を助けるために
500万ドルを寄付しています。

2007年に、レオナは87歳でうっ血性心不全で亡くなりました。

 

彼女は、

「わたしのおとぎ話は終わった」

と言い残し亡くなったそうです。

レオナの遺産

レオナの残した不動産は、40億ドル以上と言われていましたが、
不動産は、Leona M.とHarryと、 B. Helmsley Charitable Trustに委ねられました。

 

レオナには、4人の孫がいました。(息子のジェイの子供)

そのうち2人には、毎年1回父親の墓地を訪れるという条件のもと、
500万ドルの信託と500万ドルの現金を受け取っています。

 

その他の2人は何も受け取っていませんでしたが、のちに裁判で、
それぞれの孫にそれぞれ400万ドルと200万ドルが渡されています。

 

また、レオナの弟ルヴィン・ローゼンタールには、1500万ドルを、
レオナの運転手には、10万ドルを残しています。

そして、彼女の死後話題となった、

愛犬トラブルには、1200万ドルの遺産を残しています。
最終的に200万ドルになっています。

愛犬トラブルの生涯

レオナ・ヘルムズリー 犬出典:nydailynews

レオナが生きている間、おそらく、犬としてはもっとも贅沢な
暮らしをしていたとされる愛犬トラブル。

贅沢な暮らしは、レオナが2007年に亡くなった後も続きました。

レオナは、ヘルムズリー・サンドキャッスル・ホテルの
ゼネラルマネジャーとフロリダに住んでいました。

彼に渡された金額は、1年間で10万ドル。

しかし、トラブルにはいくつかの死の脅威があり、
フルタイムセキュリティーが必要でした。(年間10万ドル)、
その他グルーミングで8000ドル(年間)

トラブルは、その後、12歳で亡くなっています。(人間でいうと84歳)

参考文献:thefamouspeople.com/enwiki/businessinsider.com

まとめ

レオナ・ヘルムズリー(Leona Helmsley)は、
貧しい家庭に生まれながらも、自力でのし上がってきた女性だと思います。

事実、不動産王のハリーと結婚する前に、
すでに彼女は億万長者でした。

彼女が、亡くなる直前に残した
「おとぎ話は終わった」

彼女は、リアルなお姫様を目指していたのかもしれません。
夫が亡くなった後は、愛犬と暮らし、慈善事業にも力をいれました。

意地悪な女王と呼ばれた彼女も、
人生後半は、自身の人生を反省し、改心したのでしょう。

レオナ・ヘルムズリー(Leona Helmsley)のご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  2. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  3. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  4. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  5. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
  2. オードムーゲ
    ニキビ予防や、拭き取り化粧水として@コスメでも話題の オードムーゲ この化粧水、かな…
  3. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  4. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  5. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
ページ上部へ戻る