生まれる前から不眠症の人は薬に頼るコトも1つの手

  

スポンサードリンク



筆者は生まれる前から不眠症といっても過言ではないほど寝つきの悪い子供でした。
昔から、「よく考え事をする」子供で、そのクセは治っていません。
大人になって「不眠症」に悩む人々に話を聞くと、やっぱり「よく考え事をする人」が圧倒的に多いように思います。

生まれる前から不眠症

たぶん、そういう人は頭がフル稼働状態で、なかなか脳がリラックスできず、寝つきが悪いのかな?と個人的に思います。
結果的に筆者は、病院で睡眠薬を処方してもらっていますが、「薬にはあまり頼らない方がいい」と周りの人はよく言います。

でも、「寝たくても寝れない状態が毎晩3−4時間も続いて、翌日は頭痛と倦怠感に悩まされる」
そんな日々が毎日のように続く経験をしたことがあるのか?と言いたくなります。

きっと不眠症の方は、同じような経験をされている方が多いのではないでしょうか?
何時間も眠れない日々が長期的に続く場合、睡眠薬に頼るのも1つの手だと思います。

睡眠薬もそれぞれで、寝つきだけよくするタイプのものや、かなり深い眠りに導くものまでたくさんあります。
そのため、不眠症の方は1度、心療内科・精神科で相談することをおすすめします。

内科でも処方してくれるそうですが、うつ病など深刻な病気が隠れている場合もあるので心療内科や精神科がベストでしょう。
ただし、継続的に睡眠薬を取り続けていると肝臓などに負担がかかります。
そのため1年に1回は血液検査を受けるよう医師に言われています。

睡眠薬は、不眠症の人にとって依存してしまいがちな存在です。筆者も確実に依存しています。
睡眠薬に頼ることは悪いことだとは思いませんが、自分の体の負担を減らすことには努力すべきだと思っています。

筆者は、睡眠薬が手放せないですが以下のような事に気をつけています。

・以前は強い睡眠薬でしたが、徐々に弱い睡眠薬に変えていった
・さらに1錠のところを半錠にして飲むように量を減らしていった。
・なるべく、めちゃくちゃ眠くて「寝れそう」な時にベッドに入り、とりあえず薬なしで寝てみる
・本を読むと必ず眠くなるので寝る前に本を読む
・休日前などは、薬なしで寝てみる
・なるべく運動して脳の疲れと体の疲れを一緒にする

不眠症の人にとって、睡眠薬は毒ではなく、人間にとって必要な睡眠を促してくれる大切な存在です。
だからこそ、睡眠薬が本当の毒にならないよう、自分の健康を考えながらバランスよく付き合っていくことが大切だと思います。


スポンサードリンク

関連記事

うつ病, 健康・メンタル」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  2. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  3. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  4. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  5. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  2. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  3. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
  4. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  5. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
ページ上部へ戻る