星野源くも膜下出血の原因は「忙しさ」?自身の2度の病気について語る

  

スポンサードリンク



ドラマ「逃げ恥」「コウノドリ」など俳優業だけでなく、
ミュージシャンとしても絶大な人気を誇る星野源さん。

明るくて、エロくて、いつも私たちを楽しませてくれる
星野さんですが、彼が、壮絶な闘病生活を
送っていたことはご存知でしょうか?

31歳の若さでくも膜下出血に倒れる

2012年、星野さん31歳。
「星野源の日比谷野外音楽堂ワンマンライブ」の大成功を
収めたあと、くも膜下出血に襲われました。

インタビューで、星野さんは当時を振り返って以下のように語っています。

結果が出てないなと思ってて、(仕事を)一つに絞りなよってよく言われていた。
例えば、演劇の世界では『音楽の人でしょ?』って言われて、

音楽の世界では『演劇の人でしょ?』って言われて、
仲間はずれというか…もっとちゃんとやって成長したいと思った。

全然一人前じゃないって」と語り、
3つ仕事をしてるから、(成長の)進みが遅い。

ドラマのあと、音楽のツアーとかが2か月あると、覚えかけた(演劇の)スキルがなくなりかけちゃう。
だったら仕事増やすしかないって…寝ないでやってて。で、倒れちゃったんです」と赤裸々に話した。
(引用元:スポーツ報知

今では、ドラマ・ミュージシャンとして確固たる地位を築いている
星野さんだからこその、葛藤があったのです。

手術が成功するものの再発

くも膜下出血は、

発症後1ヶ月以内に死亡する人が30%、
元気に退院される方は60%
10%前後の方は高度な障害を後遺し、
元の仕事に復帰できるのは40%以下だと言われています。
(引用元:亀田メディカルセンター

そんな恐ろしい病気だったにも関わらず、奇跡的に星野さんは
後遺症を残さず、手術2ヶ月後には復帰します。

しかし、
安心もつかの間、4ヶ月後に以上が見つかって、
再手術を受けました。

エッセイ集で当時を振り返る

星野さんは、エッセイ集『蘇える変態』の中で、
当時の闘病生活について語っています。

2012年、レコーディングが無事に終わった直後、
「スタッフ皆で拍手をしていると、急に目の前がぐにゃっと曲がった」
「バットで頭を殴られたような痛みとともに、立っていられなくなり」
救急車で運ばれ、くも膜下出血と告げられました。

当時の担当医は、星野さんに「絶対助かる」と宣言したものの、
周囲には、「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」
言っていたといいます。

(引用元:livedoornews)

術後の壮絶な苦しみ

手術成功後に、星野さんを襲ったのは、
爆発的な頭の痛み。

動けないストレスと相まって、24時間不眠不休・神経過敏に耐え続ける。

それが3日も続き、精神的にも追い詰められます。

「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい。早く死んでしまいたい。」

とエッセイには綴られていますが、
当時の壮絶な星野さんの闘病がうかがい知れます。

その後、再発し、2回目の手術を受けたあとは、さらに断然過酷だったそうですが、
得意のエロい妄想などをしながら、面白さで乗り越えたというから、
さすがだなぁ。と関心してしまいます。

(引用元:livedoornews)

2度目の手術でも後遺症なし

2度目の手術も成功し、医師からは
「ヘビメタやっていいよ(頭振って良い)」というお墨付きももらいます。
(引用元:スポーツ報知

「化物」の誕生秘話

星野さんは2003年に舞台『ニンゲン御破算』
への参加をきっかけに大人計画事務所に所属することが決定。

このとき、主演の中村勘三郎さんの姿に、感銘を受け、
「彼の曲を作りたい。」と思うように。

そして勘三郎さんが亡くなったことをきっかけに、歌詞を作ります。

それが「化物」です。

しかし、「化物」が完成した直後に、くも膜下出血で倒れてしまいます。

しかし、後遺症もなく戻ることができ、

「中村勘三郎さんが天国から自分を戻してくれた」
と思ったと、徹子の部屋で語っています。

復帰後の曲だっただけに、復活の曲とされていましたが、
本人は、「勘三郎さんの歌なのに」
と腑に落ちなかったそうです。

(参考文献:徹子の部屋2017/4月/10)

コウノドリで塩見三省さんと共演

ドラマ「コウノドリ」で、星野さん演じる四宮の父親を演じたのが、
塩見三省さん。

星野さんは、インタビューで、塩見さんとの共演を
俳優人生でとても重要な瞬間だと語っています。

実は、塩見さんも脳出血で倒れてしまい、
今も麻痺が残っている状態です。

そんな塩見さんに共通点を感じながらも、
「今、こうして仕事ができることが、どんなに幸せか。」

を2人で実感したといいます。

(引用元:livedoornews)

まとめ

TVで見る明るい星野さんを見ていると、
まさか、そんな大病を乗り越えたなんて思えないと感じます。

しかし、その人気の裏には、
私たちが想像する以上の星野さんの努力がありました。

そして、2度の大病・手術を乗り越えた星野さんだからこそ、
人々に届く「何か」があるのでしょう。

身近な人の死や、自分自身の病気によって、
「今ある生活は、当たり前ではない。感謝しなければ。」

と多くの人が感じるものです。

しかし、何かあってから感謝するのではなく、
今、一瞬一瞬を大切に生きていきたいものですね。


スポンサードリンク

関連記事

NEWS&話題」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  2. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  3. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  4. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  5. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
  2. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  3. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  4. オードムーゲ
    ニキビ予防や、拭き取り化粧水として@コスメでも話題の オードムーゲ この化粧水、かな…
  5. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
ページ上部へ戻る