朝ドラ「ひよっこ」のモデル?実在した集団就職「金の卵」の若者たち

  

スポンサードリンク




有村架純さんがヒロインを務める、朝の連続ドラマ「ひよっこ」。
このドラマに、実在したモデルは存在しません。

しかし、いくつかモデルとなった時代や、物語の背景などは、存在しています。

ひよっこ モデル

ひよっこのモデルたち

岡田惠和さんの幼少期

1つ目は「ひよっこ」の脚本を手掛けた岡田さん。
彼女は、脚本をかくにあたって、「自分の幼少期を書きたかった」と語っています。
そして、今回、東京オリンピックが開催された数年間が描かれています。

茨城への思い

2つ目は、岡田さんの茨城の思いです。
岡田さんは東京都出身です。
しかし、茨城県には、日本の故郷の原風景があり、そんな「茨城の魅力に気づいてほしい」
という思いで、ヒロイン・谷田部みね子の出身地として登場することになりました。
(引用元:NHK

モデルは、有村架純?

そして3つ目は。
ひよっこは、ヒロインで、ヒロイン有村架純さんのために書かれた脚本と言っても過言ではありません。
岡田さんは、有村さんのデビュー当時から何度か仕事していたそうで、彼女の成長を見てきたそう。

今回、ひよっこの脚本を書くにあたり、「有村架純さんがヒロインをする」という前提で書かれています。
そのため、今回のドラマは、有村さんの性格や、イメージが反映されているドラマとも言えるでしょう。

1964年前後の時代がモデル

集団就職「金の卵」

ヒロインの谷田部みね子は、
東京オリンピックが開催された1964年に茨城県から、集団就職で上京します。

実在したモデルはいませんが、東京へ集団就職で就職した女性たちがモデルとも言えるかもしれません。

当時の集団就職は、国家プロジェクトとも言えるもの。

みなさんも、制服姿の若者が集団で、上野駅に降り立つ駅の写真を、
歴史や、社会の教科書で見たことはないでしょうか?

有村架純 ひよっこ出典:産経ニュース

当時、日本は高度経済成長期。

戦後、工場の生産システムなどが、大量生産の時代です。
製造業では、ブルーカラーといわれる単純な労働力を必要としており、人手不足でした。

当時、田舎の農村部の人々は、中学卒業後、家計が苦しいため進学ができず、
家計を助けるために上京した若者たちも複数いました。

当時、中学を卒業した15歳の男女のことを「金の卵」と呼んでいました。

ブルーカラーといわれる製造業などは、低賃金です。また、拘束時間も長いもの。

しかし、彼らが、若い頃から、労働者となり、技術を取得して、高度な技を持つ職人に成長することを、
中小企業の経営者たちは、期待していました。
そのため、その思いや期待から、「金の卵」と呼ばれていたのでしょう。

集団就職した若者の多くは、製造業商店や飲食店の店員。
中学卒業後の女性も、工員として働くことがおおかったといいます。

映画「3丁目の夕日」では、堀北真希さんが、演じる集団就職で上京してきた女性が描かれていました。
彼女は、整備士として働いていたのが、記憶に新しいです。

当時は、今のように、「仕事で、上京する。」「そうなの。いってらっしゃい。」といった
感じではありません。

集団就職で、家族、先輩らが上京する際には、
みなが、集まり、握手をし紙テープなどで盛大に送り出しました。
送り出す家族も、複雑な思いで、若すぎる子供たちを送り出したのでしょう。
(参考文献:wikipedia

まとめ

集団就職で上京し、高度経済成長期を支えた若者たち。
その若者たちの努力の上に、今の日本がある。といっても過言ではありません。

当時、進学したくてもできなかった学生たち。
本当は、家族のそばにいたかった若者たち。
そこには、たくさんの思いがありました。

そういった時代背景が描かれるであろう「ひよっこ」。
そして、集団就職で、上京してきた少女が、どのように成長していくのか?
ドラマに期待が集まります。


スポンサードリンク

関連記事

NEWS&話題」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  2. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  3. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  4. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  5. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
  2. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  3. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  4. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
  5. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
ページ上部へ戻る