フルマラソン初心者が完走するための2つのコツ!前半の貯金は必要ない?

  

スポンサードリンク



フルマラソンに初めて挑戦する人の中には
「前半の体力があるうちに、ペースを上げておいて貯金したい。」
という人もいるのではないでしょうか?

しかし、マラソンは、「いかに、同じペースで走れるか?」
が大切なスポーツです。

フルマラソン初心者が、完走するための、大切なコツと、
正しい知識の2つをご紹介します。

フルマラソン完走を目指す方々は、是非、ご参考ください。

フルマラソンは、歩いてでも完走できる?

フルマラソン 初心者 完走
フルマラソンの制限時間が、6時間の場合。

1キロ約8分30秒のペースで走ることができれば、完走できます。

これは、早歩きのペースです。

もちろん、スタートで10分程度のロスタイムがあるため、
1キロあたりのペースは、少し早くなります。

しかし、フルマラソンを完走するだけであれば、
42.195km全ての距離を走る必要はありません。

しかし、フルマラソン初心者の多くが犯しがちなミスは、
「全ての距離を走ろうとすること。」

無理して走り続けていると、その分、足への負担は高くなります。

フルマラソンも30kmも過ぎると、屈伸したり、
コールドスプレーを足にかけたりするランナーをよく見かけます。

しかし、屈伸しないと足が痛い。
コールドスプレーが必要になるまで足が疲労する。

こうなる前に、「歩くこと」を覚えましょう。

歩くといっても、手を振って「早歩き」することが大切です。

疲れる前に、早歩き。
そして、また「いけそう。」と思ったら走る。

その繰り返しで、足への負担を軽減してくれフルマラソン完走の確率も高くなります。

実際に、管理人も、この方法で無理なく初めてのフルマラソンを完走しました。

マラソンの前半に貯金はできない?

フルマラソンで、後半にペースが急激に落ちる理由として、
前半の「オーバーペース」が挙げられます。

つまり、自分の持っている実力より、無理をして前半、早く走っても、
後半、その分、失速してしまうよ。ということです。

自分の持っている実力以上の、スピードを出して走り続けると、
乳酸が溜まっていきます。

乳酸は、疲れの元と勘違いされがちですが、
乳酸自体は、悪者ではありません。

しかし、無理をして、オーバーペースで走り続けていると、
どんどんと乳酸が溜まり始めます。

そして、血中の乳酸濃度が、一定のレベルを越えると、
大幅なペースダウンにつながるのです。

そのため、極度に乳酸を増やさない程度の速度で走ること。
「自分の実力にあったペース」で走り続けることが
完走への近道です。

まとめ

フルマラソン初心者の人が、42.195kmを完走するには、

1・早歩きでも完走できること
2・前半に貯金はできない

この2点を覚えておくことが重要です。
マラソンは、「どれだけ、同じペースで、ずっと走れるか?」というスポーツです。
前半に無理をしたら、後半、疲れがどっときて走れなくなるリスクが高まることを覚えておきましょう。

また、足が痛くなる前に、うまく「早歩き」を取り入れることで、
足への疲労が、かなり軽減されます。

とくに30kmを過ぎると、故障しているランナーが多いように見受けられます。
そういった方々は、真面目に走り続けていた人が多いもの。

時には、歩くことも完走には大切ということを覚えておいて、
是非、フルマラソン完走を目指してください。


スポンサードリンク

関連記事

マラソン初心者」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  2. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  3. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  4. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  5. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  2. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  3. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  4. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
  5. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
ページ上部へ戻る