back numberのこれだけは聴いておきたい!おすすめ人気曲18選

  

スポンサードリンク



back numberは、本当に、泣ける、切ない良い曲がおおいですよね。
また、共感できる等身大の男女の、歌詞が、彼らの魅力の1つです。

backnumber おすすめ 曲出典:backnumber公式HP

今回は、back numberファンが選んだ、
「これだけは、聴いてほしいおすすめ曲18曲」をランキング形式でご紹介します。

back numberのファンでなくても、
back numberに興味を持った方は、是非、参考にしてみてください。

「泣ける!」「元気になる」曲が、必ず見つかるはずです。

back numberファンが語るバックナンバーの魅力

・ナチュラルな歌声で心に響きやすいし、
難しい言葉を使ってないのでシンプルにストレートに歌詞が伝わってくる。

・男性が書いたとは思えないほど女性の気持ちがわかっている歌詞。

・聞いていてふっと切なくなる歌詞が好き。

・共感できる歌詞が多い。

・曲の主人公が大体情けない感じで、親近感が湧きより共感できる。

・back numberは思った事を率直に言っている歌詞が特にいいです。

・歌詞を真っ直ぐに伝えているボーカルが最高です。

全国民の元彼と称されることがあるぐらいなので、失恋の歌ばかり歌っている。
手をつなぐぐらいで泣きそうだったら、一生結婚できないやろって突っ込みたくなるのですが、
ついつい聞いてしまう。

・歌声に安心感があり、気取ってない感じに親しみを持ちやすい。

・女性視点・男性視点の曲が両方あり、身近な単語で共感できる。

・一度聴いたら忘れられないメロディと声が魅力。

・ラブストーリーを歌わせたらセンス抜群のメンバー

これだけは聴いておきたい!back numberのオススメ曲ランキング

1位:高嶺の花子さん

みんなのおすすめポイント

・届かない片思いの気持ちに切なくなります。
・泣ける!

・主人公の妄想が面白い。
・叶わない恋を想う男性の気持ちが切なくなる。

2位:花束

みんなのおすすめポイント

・言わずと知れた代表曲。これは泣く。
・一見ベタなラブソングと言う感じだが、歌詞でかけあいをしているのが奥深い。
・定番中の定番だけど、恋人がいる方なら誰もが共感した歌詞!女子ならきゅんとしたはず!

3位:クリスマスソング

みんなのおすすめポイント
・好きな人を遠くから思っている歌詞にきゅんとする!
・クリスマスソングという題名ながら切ない歌詞で心に響きます。
・男性の恋心がリアルに描かれていてかわいい歌詞です。

4位:青い春

みんなのおすすめポイント
・back numberにしては珍しい恋愛関連でない曲で好き。
・初期の作品ですがカッコイイ!
・歌詞も青春について考えさせられます。

5位:わたがし

みんなのおすすめポイント

・切ないけれどもアップテンポで癒される。
・無邪気な笑顔を向けられているとかえって切なくなる
という女々しさが出ているところ。

・せつないメロディと歌詞にぐっときます。

6位:ヒロイン

・切ない歌詞とボーカルの歌声が絶妙にマッチしてます。
・どんなものを見てもヒロインに重ねてしまうというまっすぐさ。
・メロディーがとにかく良い。

7位:僕の名前を

・「オオカミ少女と黒王子」の主題歌で、耳に残ってしまった。

・好きな人を思う切ない歌で、病んだりしているような歌詞ではなく
ストレートに好きだという気持ちがつづられている。

8位:恋

ストレートな想いが出ている名曲
・学生だと、だれもが共感できる歌詞だと思います。

9位:日曜日

・情景が浮かびやすいので引き込まれる。
・同棲をしているカップルの普段の日常的なことが描かれている。
共感しやすい歌詞だと思います。

10位:SISTER

・サビがさわやか。
・今までにない感じが好きです。

11位:スーパースター

・ただただフラれたことを悲しむ歌詞ではなくて
どうやったら戻れるか、振り向いてくれるかを綴った歌詞で、前向きになれる曲!

12位:サイレン

・別れた彼女への未練を歌った歌ですが、
彼女がいつか誰か別の人と付き合うだろう…という歌詞に胸が締め付けられます。

13位:fish

・女性目線の曲で、聞いていて切なくなります。

14位:Motto

みんなのおすすめポイント
・最高に格好いい!
・女性の心情がよく表されている

15位:stay with me

・切ない中にもアップテンポが心地良い!

16位:リッツパーティー

・この彼女を本当に抱きしめたい!と思ってしまうくらい、
健気な彼女と、まっすぐな彼の気持ちを歌った曲です

17位:世田谷ラブストーリー

以前よりback numberの音楽に興味を持っていた行定監督がback numberの
最新アルバム「ラブストーリー」の中から「世田谷ラブストーリー」を選び清水依与吏の書いた詞、メロディーから感じ取ったまま、脚本を起こし、監督、演出した短編映画「世田谷ラブストーリー」(引用元:youtube)

・この曲こそ主人公の不器用さが伝わってきて
次は頑張れよといいたくなる感じがいい。

18位:泡と羊

・ダメダメな日に聞きたくなる。前向きソングです!


スポンサードリンク

関連記事

back number, 音楽」の人気記事

人気記事

おすすめ記事

  1. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  2. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…
  3. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  4. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  5. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  2. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
  3. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  4. オードムーゲ
    ニキビ予防や、拭き取り化粧水として@コスメでも話題の オードムーゲ この化粧水、かな…
  5. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
ページ上部へ戻る